荒れる相場を避けながらMACDを見てFX

荒れる相場を避けながらMACDを見てFX

私はFXをするときに取引に適した瞬間かどうかを判断するためにMACDを使って今とこれから先の方向を予測して、オシレーターだけでは根拠に乏しいから更にローソク足に重ねるような感じでMACDの期間と同じ数値の移動平均線を表示してダマシを回避しながら利益を上げています。
相場が急変しなければMACDのヒストグラムとシグナルの線の交差が特に取引のチャンスだから、この王道パターンで売買して資産が増えることが少なくないですし沢山のテクニカル分析を駆使しなくても意外とシンプルな取引でどうにかなるものです。

 

でも重要指標前後の動きは上記のようなパターンにはならなくてほとんどの場合はどちらかに一時的に大きく動いてMACDが正しく機能しなくなる相場になるので、ISMから雇用統計の間まではオシレーターの動きはそこまで重視せずに移動平均線を主体にした手法に頼っています。
FXで稼ぐパターンとしてはこういった重要指標の波に乗るのが大事なのかもしれませんが、どちらかといえばチャートではオシレーターを見ることが多い私のやり方には合わないから、投資家に注目されるような指標のないときのほうがむしろ好都合です。

 

シンプルな手法を使っているからチャートが入門書みたいな単純なローソク足をつけてくれないとやりにくいですし、急変の相場で賭けに出るよりよっぽど安全だから状況を選んでFXをするのが賢い取引方法だと思います。
そうして慎重になってMACDの基本を押さえながら取引をしているおかげで今も退場しないで生き残れているのでしょうし、利益が多少低くても勝率の維持が次も安心して取引できる根拠になると確信しています。