初心者が陥りがちな負けパターン「約定ポイントを決めていない」

初心者が陥りがちな負けパターン「約定ポイントを決めていない」

自分がポジションを取ったあと、いつ決済をするのかを決めておくことは大変重要なことです。これを決めていないことは勝ち勝負を負け勝負にしてしまう一因となります。例えば、ここだと思ったタイミングでポジションを保持した後、しばらくの間相場があなたの思った通りの方向へ動いたとします。当然、そのポジションには含み益が発生し、時間とともに膨らんでいくことでしょう。ここで問題なのが「いつ」利益確定を行うかです。「利益の確定は損切りと同じくらい難しい」という格言があります。実際、利益が膨らみ続けていく中で利益を確定させるとき、少なからず迷いが発生してしまうものです。「もしかしたら、このまま持ち続ければもう少し利益を伸ばせるかもしれない」と考えてしまうのです。この後、実際に利益がさらに伸びたとして、その時あなたは何を思うでしょう。潔く決済を行い利益確定するでしょうか。ここでもまた「まだも少し持ち続ければ」と考え、以降エンドレスに利益に踏み切れない状態に陥ってしまうことが初心者にはありがちです。この「引き際」を誤ると、利益確定のタイミングを迷っているうちにせっかく読めていたトレンドが転換してしまい、含み益が減少、ひいてはマイナスに転じてしまうことがあります。こうなると、今度はズルズルといつまでも損切りも出来ずに今度は含み損が膨らんでいく…なんてことは退場者に見られる典型的なパターンです。そもそも利益確定のタイミング(金額でも時間でも良いですが)を決められないでポジションを取るということは、その時点で損切りのタイミングも決められていないことが大半なのですから、ズルズルいってしまうのも当然というものです。こうならないためには、あらかじめどの値でポジションをとるのか、どこまで含み益が伸びたら勝ちにするか、逆に損切りをするかをしっかり決めてから取引を行うことです。また、一定時間以上横ばいの状態が続いていても、ポジションをいったん切るなど、取引に際しての自身のルール決めをしっかり行うことです。