外貨預金するくらいならFXに投資してみましよう

外貨預金するくらいならFXに投資してみましよう

日本は長らくデフレという時代が続いています。ここ数年はそのデフレから脱却するために対策が実行されていますが、それでも低金利の時代が続いています。銀行に資金を預けていても、お金はなかなか増えないということになっていますので、投資に目を向けたくもなるものと思います。投資と言えばすぐに思いつくものに株式への投資というものがありますが、私は株式への投資は怖くて、FXへの投資を体験しました。どうして株式よりFXの方に投資してみたかというと株式は本当に紙切れとなってしまう可能性があるからです。しかし、FXとういうものは外貨に投資するものであって、その国が無くならない限りは紙切れになる可能性が極めて低いです。これは私がFXに投資しようと思った一つの理由でもありました。そしてもうひとつ間違いなく言えることは、もしあなたがこれから外貨預金を始めようと思っているのであれば、FXに投資した方が良いです。その理由は、外貨預金というものは手数料がFXより断然お高いからです。アメリカドルでしたら、1ドルにつき1円の手数料を取られていしまいます。これがFXでアメリカドルの取引を行うのであれば手数料は10分の1ぐらいになります。ところがFXに投資しようとするとレバレッジという言葉を聞かれたことがあるかと思います。レバレッジとは資金の何十倍の資金を動かすことができるというものですが、それが怖くてやはり手を出せないという方もいらっしゃることかと思います。そんな方にはレバレッジをわざと少なくしてFX取引を行える様にサポートしているところもあります。そういったところであれば、FXでも外貨預金と同じ様に取引を行うことができます。これであれば安心して取引できることでしょう。もちろん、レバレッジというものはFXならでは使える手法なので、使ってもらいたい取引でもあります。日本は長らく低金利の時代ですので、高金利通貨に投資して資金を増やしていきましょう。